マルクトプラッツVOL.6

Posted by mai on 2014年4月1日 under event |

今回の3名の作家がコラボしたこの作品。
ごとうさんの絵を梅田さんが木版で4版制作し、最後は写真右上のモリヤさんが額装したものが完成図。

写真左の一番細かい版を仕上げるのは、30時間ほどかかったそう。
目が回りそうなほどの細かさに、驚きました。

そして、版画のワークショプは子どもから大人まで大好評。彫刻刀やバレンなどなど懐かしい道具が並びます。

展示室もそれぞれの作品が際立つしつらえに。

29日の夜は、モリヤさんと梅田さんがはじめたflatbarが松葉屋に出張。
そして、元H2Oの赤塩さんと梅田さんのミニライブもありました。
なつかしの「想い出がいっぱい」で合唱も。
フルコーラス歌えそうな勢いで、自分でもよく覚えているなぁ、と。笑

絵をゆっくりと眺める時間、懐かしい道具に触れる感触、
時間の楽しい過ごし方を改めて感じることができました。